2018年11月19日

『年少組の秋の参観~日一日の成長~』

  • 年少組

幼稚園の中でどの学年も変化していっていますが

3学年の中では年少組が4月の姿から

一番大きく変化していっているのではないでしょうか。

春の参観からも月日が経ち

日一日と成長していっている年少組の姿を

秋の参観を通じて保護者の方に見て頂きました。

一学期の間は朝の会も担任が主で進めてきましたが

運動会が終わった頃ぐらいから

年少組も当番の友だちが朝の会を進めていきます。

子ども自身の持っている力を少しでも

発揮していけるように朝の会も変化ですね。

手遊びも小さい先生になって行う機会も作っていきます。

担任が優しく寄り添う中で子どもが行い

“自分にも出来た”という経験にも

繋がっていってくれたらと願っています。

その後は円形での歌やお手合わせや

触れ合い遊びなどを各クラス行っています♬

何より大切にしているのが「楽しい」という事(^^)/

友だちと一緒に触れ合って、繋がって遊ぶ事が

楽しいなッ!と感じてくれるように

朝の会の後の繋がりを大切にしています♬

楽しい顔と共に、この集中した顔♬

活動によって子どもの表情は違ってきます。

活動によっての明確なねらいを持って

それぞれの活動を大切にしています。

子どもが集中している時って

隣に大好きな人が来ても手を止めません。

子どもの気持ちがどちらに向いてるかがよく分かりますね♬

年少組は色々な活動が子どもにとって

初めての経験となる事が多いです。

だからこそ、子ども達が初めて出会う活動に対しての

出会い方をとても大切にしています。

初めて行った事が面白くて

“またやってみたい!”

“面白くて好きになった♬”といった思いに

なっていってくれたらと願っています。

給食の姿もどうでしょうか?

以前と比べて食べるようになっているでしょうか?

食事って人間関係がとても影響します。

大人でも親しくない人との食事よりも

仲の良い人との食事の方が進みますよね。

友だちとの関係性が深まってきて

食べられる量も見られてきています。

 

年少組とともに3学年共通で言える事は

日々の生活や遊びの中で時期に応じて

保育者の関わりを変化させていっています。

学年の後半になれば、なるほどに

子ども自身が主で物事を進めていけるように配慮します。

子どもの成長に合わせて、こちらも変化していき

日一日の成長に繋がっています。


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

    • 預かり保育
    • こども園(1・2歳児)3号認定
    • わくわく幼稚園(プレ幼稚園)
    • 子育て支援サロン(在宅0・1歳児)
    • 手作り給食・食育
    • 課外教室
    • カウンセリング
  • 入園の案内

    • 幼稚園(3~5歳児)1・2号認定
    • こども園(1・2歳児)3号認定
    • わくわく幼稚園(プレ幼稚園)
    • 預かり保育
  • 園の行事

  • 採用情報