2016年6月8日

『ホームクラスの習熟する遊び』

  • ホームクラス

ホームクラスの子は幼稚園に居る時間が長い分、

午前中のクラスでの遊びや活動を

午後にも再挑戦する事が出来ます。

この事は特に挑戦する遊びにおいて

何度も取り組めるので出来るようになる

自信にも繋がりやすいです。

 

例えば、、大繩!

2 まだ短縄が難しい子でも

大繩から始め少しずつリズム良く跳ぶ

という感覚を遊びの中で身に付けていきます♪

1 3

続いて、鉄棒!

鉄棒は自分の腕で自分の体を支える

このツバメのポーズが出来るようになったら

少しずつ前回りに繋がっていきます。

4

ボックスからのジャンプ!

子どもは自分自身で出来る出来ないの

感覚を持っています。だからこそ、

保育者は無理強いはしません

自分でやってみたい!と思えるようになった時は

その遊びが出来るような身体能力が

付いてきた表れかもしれません♪

5

このフラフープもなかなかもって

難しいものです。出来るようになった子の姿を

周りの子が見ていき模倣していきます。

子どもは見る事で吸収しています。

このモデルとなっているのが年長児!

預かり保育は異年齢保育なので

そういった縦の関わりも大切にしています!

 

このようにホームクラスでは

積み上げる遊び・習熟する遊びを

大切にしながら関わっていきたいと思います。

 一つの自信がきっかけとなり

さらなる力の発揮に繋がっていくので

子どもが持っている力を

十二分に発揮で出来るように

今後も後押しをしていきます。


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

    • 預かり保育
    • こども園(1・2歳児)3号認定
    • わくわく幼稚園(プレ幼稚園)
    • 子育て支援サロン(在宅0・1歳児)
    • 手作り給食・食育
    • 課外教室
    • カウンセリング
  • 入園の案内

    • 幼稚園(3~5歳児)1・2号認定
    • こども園(1・2歳児)3号認定
    • わくわく幼稚園(プレ幼稚園)
    • 預かり保育
  • 園の行事

  • 採用情報